選ぶ方で大切なこと

リスクや信頼性を重視

リフォーム

原状復帰は、賃貸物件を運営する側にはなくてはならない業者になります。
賃貸物件の使い方によって原状復帰の必要性も大きくなるため、次の住人を迎えるためにはある程度の補修をしなければいけません。
けれども、原状復帰にかかる費用は業者によって大きな差があります。
少しでも費用を抑えて補修をしていくには、経済的に負担を抑えられる信頼できる業者選びが求められます。
原状復帰を行う業者選びでは、不動産業者から紹介されたという場合が多いです。
信頼できる関係者から紹介されれば、そのまま利用する人もいるでしょう。
しかし、紹介された原状復帰業者が、リスクの少ない業者だとは限りません。
費用が高かったり、作業に時間がかかってしまう場合もありえます。
紹介された原状復帰業者がリスクになるのならば、他の業者と比較しながら見直してみる必要もあります。
リスクの少ない業者を選ぶには、費用や作業時間の早さを見ていくことが重要です。
原状復帰にかかる費用が安い業者は、いろいろな工夫で費用を抑えていたりしています。
作業時間の早さも、次の入居者がすぐに決まることにつながるため、臨機応変な対応を見極めなくてはなりません。
他にも、見積もりの時点で丁寧に分かりやすく説明してくれる業者は、信頼性が高いと判断できます。
原状復帰業者は退去者が出る度に利用していくことになるので、長く付き合っていかなければいけません。
長期的に見てどれだけリスクが抑えられて信頼できるかを、重視していく選び方が大切です。

総合的な作業や原因の特定

リフォーム

原状復帰とは、新しい借主のために、賃貸物件を使いやすい状態にすることです。
具体的には原状復帰では、以前の借主によって汚れたカーペットやクロスの張り替え、古くなった設備の修理や交換が行われます。
もちろんこういった作業には専門技術が必要となるので、原状復帰はそれを有する業者の手で行われます。
そして業者によって技術力もサービスの充実度も異なっているので、貸主の多くがそれらを比較した上で、最も都合の良い業者を選んでいます。
特によく選ばれているのは、床や壁はもちろん、台所やトイレなど様々な部分での原状復帰の技術を有している業者です。
たとえば床専門という業者に任せた場合、トイレの修理のために別の業者を探すことになります。
それでは二度手間になる上に、出張費なども余分にかかります。
そのため必要となる全ての作業をまとめて行うことのできる業者に、人気があるのです。
さらに、汚れや破損の原因を細かくチェックし、報告する業者もよく選ばれています。
というのも原状復帰の費用は、経年劣化が原因となっている箇所については、貸主が負担することになるからです。
借主の使い方が悪かったために原状復帰が必要となった場合は、もちろん借主が費用を負担します。
借主に適正な費用を請求するためには、原因を明らかにしなければなりません。
そのため原因の特定に力を入れている業者は、貸主から特に信頼されているのです。
この他にも、劣化防止のための加工を得意としている業者や、賃貸物件の質を一層高めるためのリフォームの提案をする業者も、貸主からは好評となっています。

建物の種類に合わせた工事

工具

原状復帰とは建物や環境を本来の状況に復元するという意味で、主に不動産の分野で使用される言葉です。
マンションやアパートなどの賃貸住宅を利用している人は、賃貸契約が終了し部屋を明け渡す際に原状復帰する義務を負います。
建物は入居している内に自然と劣化するので、すべての傷や劣化が原状復帰しなければいけないわけではありません。
住居を使用により発生した建物価値の減少は、あくまでも住んでいた人の故意や過失、通常使用を超える範囲の損耗などに限られます。
原状復帰には様々な方法があり、床や壁の修復だけにとどまらず内装解体工事やスケルトン工事、廃棄物処理などが状態によって必要になります。
内容によっては多くの費用と時間がかかってしまうので、専門家に相談して必要な範囲を決めるのが一般的です。
見える部分だけを修復しても、後から問題が発生して新たな入居者とのトラブルが発生する可能性があります。
そのような問題をあらかじめ取り除くためにも、しっかり原状復帰することが大切です。
アパートやマンション以外のテナントを入居させている建物の場合、建物構造体以外を解体して、内装含めて配管や吸排気設備なども入居時の状態に戻すスケルトン工事を行うことが多く見られます。
賃貸住宅の場合、原状復帰で元の状態に戻すだけでなく、新たな設備や機能を追加するリノベーション工事を同時に行うこともあります。
時代に合わせた設備を整えることで入居率向上につながるのがメリットです。

契約の確認をする

工具

テナントの契約をする際には契約終了時の原状復帰に関することを知ることが大切で、そうすることで、契約終了時に必要な費用や手続きを予め上手く想定することができます。原状復帰工事の費用を抑えるには、指定業者との協議を上手く行うことも大切です。

もっと読む

賃貸物件の明け渡し

模型

借主が賃貸物件を明け渡す際に、部屋を住む前の状態に戻す原状復帰を行いますが、過失ではない経年や通常の生活による汚れや痛みの修繕費用として借主から預かった敷金から充てられてしまうことがあるようです。こうしたトラブルを防ぐには契約時に貸主から詳しく説明を求めるなどして認識しておくことが大事です。

もっと読む

大家向けのサービス

工具

工期の短さと費用の安さに注目するのが、保有する賃貸マンションやアパートの原状復帰工事を発注する場合の基本です。また次の入居者を確保するためには、古い内装を撤去した後で人気の設備を導入するなど、大家の積極的な取り組みも必要です。

もっと読む