契約の確認をする

契約に基づいて

工具

店舗の基本的な賃貸借契約をする際には、原状復帰に関する事項の確認が必要で、そうすることで原状復帰にかかる費用の想定をすることもできます。
店舗や事務所の賃貸契約では、テナントの契約終了時に原状復帰義務条項が定められていることが多いです。
原状復帰にかかる費用は内装解体工事費やスケルトン工事費や廃棄物処理費などがあり、賃貸借契約によって可能な工事が異なります。
物件を借りた時の状態がスケルトトンであった場合は、内装工事とスケルトン工事と廃棄物処理が必要なことが多いです。
全ての設備を新設するスケルトンリフォームは費用はかかりますが、部分的なリフォームや改修をする場合よりも定期的なメンテナンスにかかる費用を大きく減少させることもできます。
スケルトンリフォームは断熱効果を高めて省エネも可能で、長期的な運用を考えるとトータルコストを大幅に抑えることも可能です。
スケルトンリフォーム以外の原状復帰では新たに設置したものを撤去して、塗装やビニルクロスの張替を行ってクリーニングすることが多いです。
原状復帰に関することは賃貸契約に記載されていて、入居後にテナント側が設置した造作などをすべて撤去解体してまっさらな状態にする内装工事のみが義務づけられていることもあります。
原状復帰工事は指定業者に依頼することが多くて、その際に指定業者の施行内容や期間や基準工事単価などの精査をして、工事費用を適正化できるように協議することもできます。

退去時の立ち会いも

リフォーム

賃貸住宅は、借り手が利用することでどんどん劣化していきます。
それを食い止めたり、美しく衛生的な状態に戻したりするために、原状復帰は行われています。
原状復帰により、賃貸住宅の価値を保ち、賃貸経営を長く続けることが可能となるのです。
そのため原状復帰の業者は、そのことを念頭に置いて工事や作業を進めていきます。
借り手によって汚れた部分をきれいにするだけでなく、より長持ちするように、たとえば水回りや空調機器に防カビコーティングを施したり、フローリングにワックスをかけたりするのです。
また原状復帰の業者の中には、借り手の退去に立ち会うサービスを実施しているところもあります。
これは、原状復帰の箇所と費用について、借り手が納得できるように説明するためです。
というのも原状復帰の費用は、借り手によって劣化した部分については、借り手が支払うルールとなっているからです。
そのため退去時には大家は、原状復帰を行う箇所を確認しながら、その部分の原状復帰費用を後日請求することになると借り手に説明しなければなりません。
ところが大家では、借り手によって劣化したのかどうかを見極めることが難しい場合があります。
またそれを理由に、借り手が支払いを拒否するというトラブルも、しばしば発生しています。
しかし専門知識を有する業者なら、借り手にしっかりと責任を追及することができます。
その分トラブルが発生しにくくなるので、立ち会いサービスを実施している業者は大家から特に注目されています。

退去時の留意事項

リフォーム

日本の賃貸借契約では一般的に退去時の原状復帰が義務付けられております。
退去時に原状復帰を行わない場合のために、契約時に保証金や敷金を納めることになります。
原状復帰は入居してからレイアウトを変更したり、内装を変えたりすると金額が大きくなるケースがあります。
原状復帰の工事は専門業者に依頼することが重要です。
オフィスや住宅を管理している会社が原状復帰の業者を紹介するケースが散見されますが、競合する業者がいないということで見積もりが高くなるケースが一般的ですので、合い見積もりを徴収して比較検討する必要があります。
退去まで十分時間がある場合には業者の手配も余裕があるので、特に問題はありません。
しかし、急に移転が必要となった場合には事前にオーナーと相談をして最適な原状復帰を行う必要があります。
そのため、まずはオーナーに室内を確認してもらうようにしましょう。
また、原状復帰で問題となるのがどこまで直すかということになります。
そのため、入居時には必ず現状の写真を撮っておくことが重要です。
なぜなら、原状復帰を行なう前に業者に見積もりを依頼する際は、入居時の状況を確認したうえで工事の範囲を明確にする必要があるからです。
室内の状況によっては、原状復帰には時間がかかるケースもありますので、工事期間を業者に確認したうえで、退去日を決めることが必要です。
計画的に行うことで、業者の費用を削減することが可能となります。

契約の確認をする

工具

テナントの契約をする際には契約終了時の原状復帰に関することを知ることが大切で、そうすることで、契約終了時に必要な費用や手続きを予め上手く想定することができます。原状復帰工事の費用を抑えるには、指定業者との協議を上手く行うことも大切です。

もっと読む

賃貸物件の明け渡し

模型

借主が賃貸物件を明け渡す際に、部屋を住む前の状態に戻す原状復帰を行いますが、過失ではない経年や通常の生活による汚れや痛みの修繕費用として借主から預かった敷金から充てられてしまうことがあるようです。こうしたトラブルを防ぐには契約時に貸主から詳しく説明を求めるなどして認識しておくことが大事です。

もっと読む

大家向けのサービス

工具

工期の短さと費用の安さに注目するのが、保有する賃貸マンションやアパートの原状復帰工事を発注する場合の基本です。また次の入居者を確保するためには、古い内装を撤去した後で人気の設備を導入するなど、大家の積極的な取り組みも必要です。

もっと読む