大家向けのサービス

発注のポイントとは

工具

賃貸マンションやアパートから入居者が退去した場合には、次の契約者の引っ越しに向けて、速やかに準備を進めるのが大家の義務です。
特に長期契約者が退去した時には、室内が汚れていたり設備に不具合が生じている場合もあるので、すぐに原状復帰に向けて準備を進めるべきです。
オーナー向けのサポートを手掛ける業者であれば、原状復帰に必要な解体作業や内装工事も、手際よく行ってくれるでしょう。
また短い工期で原状復帰工事を行う業者も魅力的ですが、料金の安さを重視して業者探しをするのが、大家にとっての一番の課題です。
地域に密着した施工業者に見積もりを依頼して、その中から費用と施工内容を総合的に検討して、手ごろなプランを選ぶのが賢い方法です。
そして原状復帰工事を行う場合には、室内を新築同様の美しさにすることも大切ですが、入居希望者が魅力を感じる内装に仕上げてもらうべきでしょう。
そのためには物件を仲介する不動産会社のアドバイスも活かしながら、流行の壁紙や設備を積極的に取り入れるのが理想的です。
明るいイメージの壁紙を貼って、機能的なシステムキッチンを導入すると、質の高い入居者もスムーズに確保できるでしょう。
一方で賃貸契約が終了したときは、原状復帰工事と並行して、保有するアパートやマンションを修理する絶好のタイミングです。
建物の点検を実施してから、大家のニーズに合った施工プランを活用すると、保有する物件の価値も高まるでしょう。

トラブルを回避する

作業員と男女

賃貸物件の契約が終了する際には、退居日までに原状復帰をしておくことが義務付けられています。
原状復帰とは、入居時した時の部屋の状態を復元することを言います。
ただし、生活する上で避けられない経年劣化は原状復帰の対象に含まれません。
畳やフローリングの劣化や壁紙のヤケなどは自然に起こることとされているため、補修費用は貸主の負担です。
ただし、故意に傷つけた部分については原状復帰の対象となります。
詳細な取り決めについては入居時の契約書に記載されているため、よく読んでおくことが大事です。
初めて賃貸物件から退居するという方にとって、原状復帰は切実な問題なのではないでしょうか。
トラブルなく原状復帰を進めることができるように、いくつかアドバイスをいたします。
まず最初にすることは、その劣化が原状復帰の対象かどうかという判断です。
後で食い違いが起きないように、貸主同席の上でチェックを行います。
その際には、入居契約書に記載された原状復帰についての取り決めが役に立ちます。
双方が納得した所で専門業者に原状復帰工事を依頼するようにすれば、後で問題が発生することもありません。
工事業者は借主が自分で選ぶこともできますが、多くの場合は貸主が指定する業者が担当することになります。
貸主と借主の話し合いの結果を参考にしながら査定は進められ、かかる費用が計算されます。
その分は入居時に支払った敷金から差し引かれることになります。
敷金以上の費用がかかる場合には、追加で不足分を支払わなければなりません。
契約書にサインする前に、見積金額に間違いがないかどうか確認するようにします。

契約内容を確認しておく

作業員

原状復帰は賃貸物件からの退去の際には避けて通れない言葉です。
これは昔からトラブルが起きていたものですが、近年は原状復帰に関するトラブルが減少しています。
これは様々なトラブルを踏まえて国土交通省が原状復帰に関するガイドラインを発表し、一定の指針が出た事で減少したものです。
もともとこの原状復帰は原状回復とも言いますが、賃貸物件を入居時と同じ状態に戻して退去する事を言います。
入居時には一般的に敷金を支払いますが、この敷金を元に原状復帰をします。
この復帰とはタバコのヤニなどが原因で壁が黄ばんだ場合や、物を落として床に穴をあけてしまった場合などが対象となります。
使用による経年劣化は対象外となります。
例えば冷蔵庫を置いておいて壁が黒ずんだ場合や、テーブルや家具を置いておいて床がへこんだ、または日焼けにより畳が色あせた場合など、通常使用による劣化は経年劣化と考えられます。
国土交通省のガイドラインが出るまではこの経年劣化も入居者の負担で原状復帰する必要がありましたが、現在は貸主負担となっています。
ただしトラブル防止の為に入居時にはどの部分が破損や劣化しているかを写真に残す等する他、退去時には管理会社の立ち合いのもと、原状復帰の対象になるかどうかをしっかり確認しておく事が大切です。
なお、契約時の契約書には別途原状復帰についての明記や特記事項がある場合がありますので、合わせて確認しておく事が大切です。

契約の確認をする

工具

テナントの契約をする際には契約終了時の原状復帰に関することを知ることが大切で、そうすることで、契約終了時に必要な費用や手続きを予め上手く想定することができます。原状復帰工事の費用を抑えるには、指定業者との協議を上手く行うことも大切です。

もっと読む

賃貸物件の明け渡し

模型

借主が賃貸物件を明け渡す際に、部屋を住む前の状態に戻す原状復帰を行いますが、過失ではない経年や通常の生活による汚れや痛みの修繕費用として借主から預かった敷金から充てられてしまうことがあるようです。こうしたトラブルを防ぐには契約時に貸主から詳しく説明を求めるなどして認識しておくことが大事です。

もっと読む

大家向けのサービス

工具

工期の短さと費用の安さに注目するのが、保有する賃貸マンションやアパートの原状復帰工事を発注する場合の基本です。また次の入居者を確保するためには、古い内装を撤去した後で人気の設備を導入するなど、大家の積極的な取り組みも必要です。

もっと読む