賃貸物件の明け渡し

賃貸トラブルを防ぐために

模型

借主が賃貸物件を明け渡すときに住んでいた部屋は原状復帰させなければなりません。
とは言え、住む前の状態に完全に戻すのは不可能です。
借主の過失による破損や汚れはともかく経年による汚れや通常の生活で生じたシミ、畳の日焼けなどはどうしようもありません。
しかしこうした物まで原状復帰を求められており、それが元で借主と貸主の間でトラブルに発展するようです。
原状復帰の際の費用は借主が契約した際に支払った敷金で賄われます。
敷金は賃貸契約を結ぶときに貸主に対して保証として預けておくものであり、通常家賃の一か月もしくは二か月分を納めますが、賃貸物件の明け渡しの際には返還されるものです。
この敷金が全額返還されることになれば原状復帰されたとみなされますが、部屋の補修などを要することになれば敷金から差し引かれて修繕費に充てられることになります。
経年での汚れや畳の日焼けといった通常生活していたものは毎月支払われている家賃から修繕に充てられるのが一般的ですが、貸主の中には敷金から修繕費を請求されることもあります。
これは貸主の認識不足によるものが多いのですが、借主側は請求された場合、立場上の弱さから泣き寝入りすることが多いようです。
こうしたトラブルを防ぐためには、契約時に敷金や明け渡し時について詳しく説明を求めることが必要です。
原状復帰に際し、過失でない汚れや痛みはどうなるのかを尋ねることで納得できると思われます。
また部屋を借りているという認識を持って、日頃の部屋の掃除はこまめにするなどして生活するよう心掛けることです。

見積もり無料で対応

工具

原状復帰を依頼する場合には、きちんとどの部分を改善するのかを明確に把握しておく必要があります。
原状復帰を行なう業者はそれぞれに専門分野があり、専門性の高い業者に依頼をすれば、しっかりと安い費用で正確な仕事をしてくれます。
事務所として使っていた施設の原状復帰を依頼するのであれば、オフィスの原状復帰を専門にしている業者に依頼をすれば、きちんと内装部分のリフォームから、空調設備の改善までやってくれるので、しっかりと品質の高いサービスを受けることができます。
営業所などの利用者の多い施設の場合には、細かい部分まできちんとメンテナンスをしてくれる業者に頼むことで、見た目に関してもハイレベルな対応をしてくれます。
原状復帰を行いきちんと元の状態にすれば、多くの敷金が返金されることになるので、品質をきちんと確保しなくてはいけません。
そのため自分の使っていた物件がどのようなタイプの物件なのかを確認してから、依頼をする業者を選定すると良いでしょう。
基本的に原状復帰を行っている業者では、どのような分野を専門にしているのかを公開しており、事前に詳細な現地調査も実施してくれるので、細かく条件面に関して相談をすることができます。
また見積もりの価格に関してきちんと交渉することも可能で、スケジュールに関しても事前に調整できます。
支払い方法も分割での支払いも含めて多彩な決算方法を用意していて信頼性が高いので安心です。

専門業者に依頼しよう

リフォーム

住宅の原状復帰や原状回復は、特に賃貸物件に入居していた人が退去する際に、入居時と同じ状態を戻す事でよく使われる言葉です。
この場合は管理会社やオーナーが指定した業者を使い、原状復帰を行います。
この賃貸物件での部屋の原状復帰以外には、同じ賃貸でも店舗や事業用に使用していたビル等でも同じように原状復帰する必要があります。
事業用の場合は管理会社が指定した業者以外にも、自ら取引のある業者を利用して原状復帰をする事が認められる場合もあります。
近年はリフォーム業者が原状復帰工事を請け負う場合や、原状復帰のみを専門で執り行う業者も増えています。
また原状復帰には工事だけでなく、部屋等を綺麗にするハウスクリーニングも含まれていますので、ハウスクリーニング業者が専門で請け負う事もあります。
業者選定にあたっては費用のみだけでなく、今までの施行実績やどのような不動産会社・ハウスメーカー等と取引があるのかもしっかり確認して選定する事が大切です。
また複数業者に依頼をして見積もりを取得する事も必要です。
復帰にあたっては日数が少ないケースもありますので、スピード対応をポイントしている業者も増えています。
原状復帰は近年だと、通常使用でできてしまった床のキズや凹み、日焼けによる劣化などは復帰する義務がないと国土交通省のガイドラインで定義されています。
退去時にはしっかり立ち合いをして不要な復帰工事をおこなわないようにする事が大切です。

契約の確認をする

工具

テナントの契約をする際には契約終了時の原状復帰に関することを知ることが大切で、そうすることで、契約終了時に必要な費用や手続きを予め上手く想定することができます。原状復帰工事の費用を抑えるには、指定業者との協議を上手く行うことも大切です。

もっと読む

賃貸物件の明け渡し

模型

借主が賃貸物件を明け渡す際に、部屋を住む前の状態に戻す原状復帰を行いますが、過失ではない経年や通常の生活による汚れや痛みの修繕費用として借主から預かった敷金から充てられてしまうことがあるようです。こうしたトラブルを防ぐには契約時に貸主から詳しく説明を求めるなどして認識しておくことが大事です。

もっと読む

大家向けのサービス

工具

工期の短さと費用の安さに注目するのが、保有する賃貸マンションやアパートの原状復帰工事を発注する場合の基本です。また次の入居者を確保するためには、古い内装を撤去した後で人気の設備を導入するなど、大家の積極的な取り組みも必要です。

もっと読む